株式会社マツミ matsumi

親兄弟メンバーズ

リフォームのタイミング?

リフォームのタイミング?

収益物件のリフォームについて

塗装・修繕はその物件の「寿命を延ばす」意味合いがありますが、ほかにも見栄えを良くするという効果もあるといえるでしょう。
自身の戸建てであればそこまで気になりませんが、管理物件だと収益に直結するため、先延ばしにはできません。
なので、外壁塗装をするべきタイミングがきた場合は、すぐにでも着手するべきでしょう。
箇所によってもたタイミングは異なります。
一般的にはクラックやカビ・コケが出た、塗装がはがれてきているといった「見て」わかるものです。
またチョーキングが発生しているなど、直接触ってから分かる基準もあります。
定期的に細かくチェックすることが大切です。
ただ具体的なタイミングを適切に図ることはとても難しいものです。
そんな時は是非マツミにご相談ください。

塗料によってタイミングが変わる!?

外壁に使われている塗料などは異なります。
吹き付け系は、5年~10年、最近よく使用されているサイディングボードは10年、
ALCパネルであっても約10年ほどでメンテナンスをすべきでしょう。
肝心の外壁塗装の塗料の耐用年数は、安価なアクリル系は5、6年ほど、そしてウレタン系は10年程度の耐用年数になります。
シリコン系は15年程度、そしてフッ素系になると20年ほど維持させることができます。
収益をうむ管理物件の場合、塗装のタイミングで何かのついでにリフォームを行うケースもあると思います。
空室が増えると収入が途絶えてしまいますので、外見にも意識を向けることが重要です。

CONTACT問い合わせ/資料請求

専門スタッフが対応いたします!お気軽にご相談ください。