株式会社マツミ matsumi

  • HOME
  • 施工工事の流れ

施工工事の流れ

建築工事全体の流れを
解りやすくご紹介。

工事前
  • 01お問い合わせ

    外壁塗装、屋根塗装、防水工事に関することや、リフォームに関すること、その他住宅に関することのご相談、無料点検のご相談や資料請求、お客さまの疑問など、どんなに小さな事でも結構ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。
    弊社の弊社スタッフが、お客さまに最適な「ご提案」や「アドバイス」をしっかりとさせていただきます。

    0120-860-488 mailお問い合わせ arrow_right_alt
  • 02現地調査

    お問い合わせをいただいた、お客さまのお宅に弊社スタッフがお伺いし、お見積書を作成するための様々な調査をさせていただきます。
    具体的には外壁の平米数(面積)や窓の数、仮設(足場)を設置するためスペースの確認などを詳しく調査し、その旨をお客さまに詳しくご説明させていただきます。

    ※弊社では現地調査・お見積もり(無料)の際に”工事の勧誘・契約の勧誘”は一切おこなっておりませんのでご安心ください。
  • 03お見積り・ご提案

    現地調査に基づいたお見積書を作成し、お客さまに最適な施工プランをご提案いたします。 追加工事が出ないように綿密なお打ち合わせをいたします。
    また万が一、追加工事が必要な箇所を発見した場合はその旨をしっかりとご説明させていただいた上でお客さまのご理解とご納得していただいた場合のみ追加工事を施工させていただきます。
    例えば外壁の色でお悩みのお客さまには何度でも塗り板(色のサンプル)をお造りし、お客さまに納得していただけるまで足を運びます。

    ※弊社では見積もり以上の高額請求、不明瞭な工事は一切ありませんのでご安心ください。
  • 04ご契約・お打合せ

    お見積り書の内容がお客さまにご納得していただければ正式に「工事のご契約」をさせていただきます。その際にお客さまのご要望に沿った「工事の日程」や「具体的な工事内容」の打合せをさせていただきます。
    その他お客さまからのご要望があればどんなことでも遠慮なくおっしゃってください。ご期待に添えるよう精一杯努力させていただきますのでよろしくお願い致します。この時点で正式なご契約となります。

    契約・お打ち合わせが終わりますと「ご近所様に工事着工のお知らせご挨拶」「カーポートなどの撤去」「植木などの移動」など塗り替え工事がスムーズにおこなえるように弊社スタッフがお客さまの代わりにさせていただきます。いずれの作業も細心の注意でおこないますので、ご安心ください。

工事期間
  • 05カーポート(アクリル板)の撤去

    足場を設置する際に弊害となるカーポートの天井部のアクリル板を撤去させていただきます。(もちろん塗り替え作業完了後には元通りに復旧させていただきます。)
    比較的短時間で撤去できます。音もあまり出ません。

  • 06足場の設置

    外壁の塗装やシーリングをさせていただくためにお客さまの家の外周に足場を設置させていただきます。 足場全体にはメッシュシートを掛けます。 メッシュシートは作業の際の塗料やホコリなどの飛散を防止し、ご近所さまへご迷惑がかかるのを防ぎます。また作業員の安全も守ります。 足場の設置は細心の注意をはらい、専門の業者によるプロの仕事でおこないますのでご安心ください。 足場が設置されると本格的な工事に入ります。

  • 07水洗い

    シーリング工事が完了したら、高圧洗浄機を使い、建物の塗装部全体の高圧洗浄をおこないます。
    バイオ高圧洗浄は従来の高圧洗浄に比べ汚れの分解性に優れ「カビ・苔・バクテリア」などの微生物汚染も除去・抑制することができ、塗装前の下地補修には最適な洗浄です。
    ものすごく高圧力の水のジェット噴射で、建物に付着した頑固な汚れを吹き飛ばします。
    外壁や屋根、シールを撤去した目地に汚れが残っていると次の工程の塗装がキレイに仕上がりません。キレイに仕上げるためにしっかりと汚れを落とします。

  • 08シーリングの撤去

    足場が設置されると目地や建具(窓)周りのシーリングを撤去します。 シーリングは長年の風雨や日光で劣化していてこれを放置しておくと漏水の原因にもなりかねません。 しっかりと既存のシールを取り除きます。 除去後、専用プライマー塗布後、シーリング材を再充鎮します。 ※既存のシーリング劣化状況によりましては、撤去無しで増し打ちで作業する場合やそのままの状態で仕上げ工事に移る事もあります。(現場調査の判断によります)

  • 09下地補修・シーリング

    家を長く保つためには塗装に前に下地補修がとても重要なってきます。 下地補修?お客さまには聞きなれない言葉だと思います。 下地補修とは建物の壁に生じた様々な損傷を修復する作業のことです。 具体的には壁に生じたクラック(ひび)の補修や痛んだシーリングの打ち替え作業をおこないます。 これらは塗装の下に隠れてしまうのですが、建物の防水性を保つためには必要不可欠な工程です。この作業をしっかりとおこなってから本格的な塗装作業に入ります。

  • 10養生(マスキング)

    外壁の塗装に入る前に窓や塗らない箇所、そしてペンキが付いてはいけない箇所にマスカーといわれる専用のもので覆っていきます。 これもプロの技術でキッチリと施工いたしますので安心してください。

  • 11外壁・屋根塗装

    高圧洗浄・下地補修・養生(マスキング)の完了後にいよいよ外壁を塗装していきます。 これもさまざまな工法があり、材料、工法によって異なってくるのですが、基本的には「下塗り」「中塗り」「上塗り」の3回にわけて塗っていきます。 もちろんこれもプロの技術でキッチリと塗っていきますので、ご安心ください。

  • 12付帯塗装

    付帯塗装とは屋根・外壁以外の塗装箇所のことをいいます。つまり「樋」や「小庇」などの塗装のことです。 これもプロの技でしっかり丁寧に塗装していきます。 普段見えにくいところだからといって、絶対手は抜きませんよ~! おまかせください!

竣工
  • 13工事完了検査

    塗り替え工事が完了した時点で、実際にお客さまに見ていただき、検査をしていただきます。 お客さまに納得していただければ工事完了となります。 工事完了検査後、周囲の安全に注意し足場、飛散防止のネットの撤去作業、周囲の清掃をいたします。 これで全ての作業が終了します。

  • 14最終の清掃

    塗り替え工事完了後、お客さまの最終確認が完了いたしますと、お客さまの家の周りを弊社スタッフが心をこめて清掃させていただきます。 塗り替え工事により出たゴミはもちろんのこと、それ以外にも、お客さまの家の周囲にもともと生えていた雑草などやゴミなどしっかりとお掃除させていただきます。 お客さまの家が前にもまして綺麗にリフレッシュされます。

CONTACT問い合わせ/資料請求

専門スタッフが対応いたします!お気軽にご相談ください。