株式会社マツミ matsumi

  • HOME
  • 新着情報
  • マンションのベランダ防水工事をされる前の注意点について

新着情報

マンションのベランダ防水工事をされる前の注意点について

—親兄弟の建物と思い塗らせていただきます—

☆これが私たちの想いです☆ 親孝行し隊 サポートセンター 原里恵です(^_^)

 

今回の台風で被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

 

本日は、マンションのベランダ防水工事をされる前の注意点についてお伝えさせていただきます。

 

 

 

マンションやビルには室内空間の確保や採光や新鮮な空気の入れ替えまたは避難経路の確保の目的などからベランダ・バルコニーは必要になりますが、

そのバルコニー・ベランダには使用目的や室内スペースの有効利用を目的としてエアコンの室外機などの建築設備が設けられる事があります。

防水のメンテナンス工事の見積もりの際には既存の防水材の種類の他に設置してある設備の大小により金額に変化をもたらします。

ここでバルコニー・ベランダにおいて防水工事を依頼する前に施工際に障害になりそうな設備の確認を行いましょう。

 

エアコンの室外機

単身者向けのエアコンであれば室外機も小さくメンテナンスにおいても比較的に容易に移動が可能なのでその作業にかかる費用も安くおさえられますが、ファミリー向けの物件などは室外機も大型になりその移設にかかる費用も大きくなる事があります。

 

 

洗濯機

ベランダやバルコニーに設置してある洗濯機から排出される水も防水層の傷みの原因になる事もあり、防水メンテナンス工事において洗濯機下部もしっかりと防水をする必要があります。

 

物置

居住者によっては物置内の多くの荷物を詰め込んでいる方もいらっしゃいます。基本的に防水材は弾力材がありその特性により下地の動きに対応して漏水を防いでいますが、重い物置が直接防水材に乗る事で弾力性が奪われ、場合によっては防水層に切れが発生します。

 

ベランダ・バルコニーに設置してある物干しの設備

多くのマンションでは腰壁や天井に金物を取り付け物干しの設備を設置してある場合が多いので、特に費用を検討する必要はありませんが広いバルコニーにおいては単独で物干しが設置されている事もあるのでその際は移設が必要になる事があります。

 

居住者により多種多様な植栽

 

マンションやビルの保有者が防水や塗装工事を検討する際に以外と忘れてはならないのが植木などの植栽です。

なぜなら工事中には植木の移設が必要になりますが、植栽は居住者が大切にして事も多く事前に工事の計画と報告を行い居住者自身で室内に取り入れるなどの依頼をお願いする必要があります。

 

 

 

 

皆さまの安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。


CONTACT問い合わせ/資料請求

専門スタッフが対応いたします!お気軽にご相談ください。